Search
Detail search

高度な検索

詳細検索

図書館の窓からは、日に日に春らしい日差しが差し込むようになってきましたが
コロナウイルスの影響から思うように外出できず、悶々とお家でお過ごしの方も
多いことと思います。

各所で様々な制限がされていますが、図書館につきましては
学生の皆様は、通常通りご利用いただくことができます。
新年度に先駆けて新刊が並びましたので、お家時間のおともにぜひご利用ください。
(入退館時の消毒、咳エチケットをお守りいただき、体調不良時は入館をご遠慮ください)

☆おススメ その1
 『奇跡の論文図鑑』
 学生の皆さんとは切っても切り離せない「論文」。
 こんなテーマで論文が⁉
 学ぶことの面白さを見つけてしまうかも!

☆おススメ その2
 『汚れた桜:「桜を見る会」疑惑に迫った49日』
 国家の私物化についてわかりやすく解説。
 タイトルのインパクトからも、取材班の本気度が伝わります。

コロナウイルスの影響が1日も早く収束することを願いつつ
学生の皆様のご来館をお待ちしております。
 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため
3月4日(水)から3月23日(月)までの間
不特定多数の利用者が滞在するエリア(閲覧室等)の利用を休止し、
学外利用者の一部のサービスを限定して開館いたします。

急なお知らせとなりご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、
何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

詳しくは岐阜協立大学ホームページをご確認ください。
https://www.gku.ac.jp/topics/news/1594.html

2020年2月25日(MON)~3月14日(SAT)の期間中
本学図書館A館2階フロアにて
RDD難病図書フェアを開催いたします。

岐阜県内ではすでに多くの大学図書館、公立図書館が参加をしており
今年度より看護学部が設置された本学図書館としても
参加をする良いタイミングと考え、開催する運びとなりました。

今年度は、
「難病を抱える方やそのご家族の方の手記」
を中心に選書を行なっています。
様々な気持ちに触れ、今後の自身の在り方を考える一助になればと思います。

現在、開催初日に向けて、担当スタッフ一同鋭意作業中です。
開催期間中に、是非一度お運びくださいますよう宜しくお願い申しあげます。

2019年 「このミス」大賞(国内編)1位に輝いた
『medium 霊媒探偵城塚翡翠』

数々の賞を受賞し メディアでも多々取り上げられる
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

著作累計世界2000万部突破のユヴァル・ノア・ハラリ最新刊
『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』

などなど、話題作たっぷりの新刊です。
今回は春休みも近く、多くの方に新刊を手に取っていただきたく
特別に教職員の方にも新刊の貸出を行なっています。
学生の皆さんは間もなく「春休み貸出」として
貸出期間が延長されますので、この機会に
話題作や長編に挑戦してみてはいかがでしょうか。

     岐阜協立大学図書館には
     《図書館サポーター》
    と呼ばれる学生さんがいます。
昨年発足したばかりで、メンバーも、活動時間や内容も
       まだまだ模索中。

     これからの図書館について
一緒に考え、動いてくれる学生さんを新たに募集しています。
         ピン!!!
      ときたそこのあなた。
  カウンターで申込みをしてくださいね。
      ご応募お待ちしています。

Calendar